2017.04.23

美人度よりも雰囲気重視?男性がナンパしたくなる女性の見た目

「最近出会いがない」「ちょっと誰かと飲みたい気分」なんてとき、ナンパされたらラッキーですよね。特にイベントやレジャーのときなんかは、男子のグループと一緒に回るのも楽しそうです。「ナンパは美人やかわいい人しかされないでしょ?」と思っているかもしれませんが、ナンパをする男性って、相手の顔をそこまで重要視していないんだとか。
今回は「男性がナンパしたくなる女性の特徴」について、20代男性にリサーチしてみました。

1. イマドキっぽい感じ

「今風のメイクにファッションをしている子が一番ナンパしやすい。逆に全身高そうなブランド品を身につけているような子は、俺なんか相手にしないだろうと思って近寄れません」(21歳/大学生)

ナンパ師も声をかける前に、相手の顔をマジマジとチェックすることはできないもの。そのため雰囲気でナンパする女性を選んでいます。彼らはどちらかというと個性的なファッションをしている子より、いわゆる「量産型女子」と言われるような、イマドキっぽい女性のほうがナンパしたくなるみたい。普通っぽいからこそ、気軽に声をかけやすいんでしょうね。

2.真顔じゃなくてちょっと笑顔

「ニコニコしている子が良いですね。『お姉さん~何か良いことあったの?』ってついナンパしちゃう(笑)」(24歳/商社)

怖い顔をして颯爽と歩いている女性は、ナンパもしづらいもの。でもちょっと笑顔で楽しそうにしていると、ナンパされる率もグンとアップ。優しそうな雰囲気も出るので彼らも「この子だったら連絡先教えてくれるかも…」と思うみたいですよ。ひとりでスマイル全開で歩いていると逆に不気味がられてしまうので、“ちょいニコ”で機嫌が良さそうなオーラを目指してみましょう。

3.イヤホンをしていない

「イヤホンをしている女子はナンパを無視する率が高いので、絶対に音楽とかを聴いていない子を狙います」(22歳/大学生)

たしかにイヤホンをしている女性をナンパしても、聞こえない(もしくは聞こえないフリ)をされる可能性が高いですもんね!ナンパ師も意外と細かいところまで見ているようです。男性からナンパをされたかったら、絶対にイヤホンは外しておくべき!またイヤホンはNGだけれどスマホをいじっている女性には隙を感じるので、男性もナンパしやすいみたいですよ。

4.露出度が高め

「肩とか脚を出している子はナンパしたくなる。テンション高そうだし、なんとなく話に乗ってくれそうだから」(20歳/専門学生)

露出度が高いファッションは、男性からすると「軽そう」「もしかしたらナンパが成功しそう…」と思うみたい。逆に肌見せが一切なく、地味な見た目をしていると、彼らも「この子ノリ悪そう…」とナンパをためらってしまうんだとか。ナンパ待ちをしている女性は、少しだけ露出を心がけてみると良さそうですね。

おわりに

ナンパ時は相手の性格なんて一切わからないもの。だからこそ「男性が話しかけやすい見た目」が重要になってきます。ナンパからはじまる恋もきっとあるはず。「最近出会いがないな…」と悩んでいる人は、ナンパされやすい自分を作ってみてはいかがでしょうか。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事