2017.10.17

「ぎこちなさ」よりも内容で判断したい、脈アリ・脈ナシ

たのしく会話ができていれば、いい雰囲気になりますが、ぎこちないと不安になりますよね。

これって脈なしなの…?なんて思ってしまうところですが、実はそうでもないようです。
そこで今回は、ぎこちない会話になってしまう男性の本音を調査しました!

●脈アリでも脈ナシでもあるのは世間話

天気の話や季節の話、おいしいものや体調のことは人を選ばない話題ですよね。

だからこそ、こんな誰にでもできる世間話をされているのは、脈なし?と思ってしまうかもしれませんが、そうとは限りません。気になる子が相手だからこそ、失敗の無い、ありふれた話題で好感を得ようとする男性も多いのです。

知り合ってからずいぶん経つのに、ずっと世間話ばかり…、となれば脈ナシの可能性が高いですが、知り合ったばかりであれば、ただ安心して話せる話題を選んでいるだけというケースも多いようです。

●緊張して口数が少ないのは脈アリサイン

会話が苦手な男性は、「うん」「あ~…」「そうかな」など、一言のあいづちが多く、ぎこちない雰囲気になってしまうもの。

「私と話したくないの?」と不安になってしまいますが、気になる相手だからこそ、自分から上手く話せないケースもあるようです。

そのため、女子と触れ合ったことや、恋愛経験があまりない男性なら、脈アリの可能性大。
口数が少なく緊張していたり、ぎこちない笑顔が多かったりという場合は、その人の恋愛経験に応じて、脈アリを見極めましょう。

●一方的な聞き上手は脈なしサイン

相手がリラックスしている様子で、適度に目も合わせるのに、自分からはあまり話してくれない、こちらに質問もしてくれないなら、それは脈なしサインかもしれません。

おしゃべりが好きだとわかって、聞きに徹してくれているのかもしれませんが、好きな相手には、自分を知ってもらいたいと思うもの。

緊張しているわけでもないのに、自分のことを話してくれないのは、その気持ちの現れかもしれません。

●「俺はさ…」自分の話題は脈アリサイン

逆に、ぎこちなくとも、自分のことをたくさん話してくれようであれば、脈アリのサイン。
自分という人間をアレコレ知ってもらいたい、自信のあることを話して、自分の男としての評価を上げたいと願っているのです。

ちょっとイタい武勇伝もあるかもしれませんが、それは好感をもってくれている証拠。
他の友達や知り合いの男性の話をして、その話に負けないような、インパクトのある自分の話をしたがるなら、脈アリの可能性が高そうです。

●「友達がさ…」他人の話は脈なしサイン

一方で、自分以外の友達の話が多いようであれば、あまり脈アリは期待できないかもしれません。

話題のきっかけとして出したり、個性的な友達がいることで、自分に興味をもってもらいたいという可能性もありますが、話の主役がずっと他人なら要注意。

たとえ話がおもしろくても、相手の男性の話に、彼の友達や、全然関係のないネットで見た話が多ければ、単にその場を盛り上げておこうという気が会っても、個人的に親しくなろうとはしていないのかもしれません。

●「大丈夫?」気遣いや心配は脈アリサイン

会話の中で、失敗したことやショックだったこと、ちょっとケガをしたり、体調を崩したりしたことを話題にすることってありますよね。

そんなときに、「大丈夫?」「できることがあったらいってほしい」など、素早く気遣いや心配をしてくれるなら、脈アリサイン。本当に心配している気持ちに加え、自分を頼ってほしい、君の一番頼りになる男になりたい、という願望も隠れています。

心配や気遣いを誰にでもするのか、それとも自分だけ特別なのかをチェッできれば、より具体的な脈アリと捉えられるはずですよ!

●おわりに


ただ楽しいおしゃべりの時間が過ごせた、というだけでは、脈アリかどうかの判断はできません。

彼がなにを、だれを主役にして話していたか、今日のおしゃべりで、どれくらいお互いのことを知ることができたか。

そのあたりをしっかり振り返って、相手の気持ちを探ってみてくださいね!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(yuzuyuzu @yu1zu/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事