2017.10.31

予約してくれてありがとう!にプラス。男子の「お店選びのセンスの褒め方」

デートのメインは、やっぱりご飯を食べる場所ですよね。
そして、これを選ぶのは基本的には、男子の仕事となりがちです。

デートの良し悪しを左右するこのお店選び、男子は相当気合を入れてきますから、女子が喜んでくれるとそれはそれは幸せ。
そこで今回は、10〜20代男子に「女子から褒められたいお店選びのセンス」について聞いてみました。

1.客層がいい

「自分がデートの店を探すときは、実際に軽く下見をしたりして、どんなお客さんが多い店か必ずチェックする。いくらいい店でも、うるさいお客ばかりな店だとムードないし」(新聞/24才)

これ大事。例えば、高田馬場とか学生街なんかだと、いいお店なのに超うるさい!みたいなお店が多かったりします。

みんなカップルとか大人のお客さんで、しっとりとした店内ムードを演出してくれてるようなとこだと嬉しいですもんね。

2.女子の「好き」がある

「必ず、その子が食べたそうなものが一品あるかは要素になりますね。彼女の場合、クレームブリュレが大好きなので、それがあるお店優先になります。気づいてくれると嬉しいね!」(アパレル/23才)

とのこと。優しいですね。お店に行って、「あー、これある! 絶対食べよ」と思えるものがあったら、それはきっとその男子の策略かもしれませんよ? ぜひ褒めてあげてくださいね。

3.店員さんの態度

「せっかくいいお店なのに、店員の態度がゴミで、最悪なディナーになることがよくある。ネットのレビューとかよく事前に読むと、そういうのが洗い出せるので、なるべく避けるようにしとる。たまにハズレはあるけど、そういうときにもなるべく彼女を嫌な気分にさせないのうに、気持ち偉そうにして面倒臭そうな客だと思わせて、そうするとちゃんと接客してくれたりするところもあるしね」(メーカー/22才)

あんまりお店選び段階では考えないポイントかもしれないけど、実際かなり大事ですよね。お店の人が感じ悪いと、私はなんか料理までまずく感じるタイプなので……。
こんなところまで考えてくれたら、私はかなり嬉しいな。

4.立地

「女子っていくらいい店でも、駅から遠くてめっちゃ歩いたりすると嫌でしょ?天気悪かったりするとさらに大変だし。 だから、駅近ってのも大事です。そうしないと彼女機嫌悪くなっちゃうんで(笑)」(専門学生/19才)

まあ、そりゃ男子みたいに「一駅くらい歩けるっしょ? 東京の一駅間なんて、地元なら余裕で徒歩圏内」なんて思考はしませんからね。

アクセスのしやすさも、お店の総合評価に絡んできます。この視点を持てる男子なら、きっと彼女思いの優しい彼氏になってくれるんでは?

おわりに


もちろんこれらのポイントに限らず、何でもいいんですよね、要は。男子は、女子の喜ぶ顔を一生懸命想像しながらお店選びに奮闘してくれてます。

料理をおいしく楽しむことと、「予約してくれてありがとう」の言葉で、全てが報われる従順な男子なのでした。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事